フッ素イオンでむし歯菌退治

フッ素イオン導入とは?

三鷹ハートフル小児歯科医院では、フッ素をイオン導入しております。
(※カムカムクラブにご入会いただいたお子様、だ液検査後の患者様に限り無料となります)

イオン化することによって一般的な歯科医院で使用されているフッ素よりも、浸透しやすくなります。

パイオキュアーを使うことで、フッ素をイオン化するのでマイナスの電荷を帯びます。人体は逆にプラスの電荷を帯びるので、イオン化されたフッ素を取り入れやすくなります。

上の図に書いているとおり、フッ素局部塗布とフッ素イオン導入とを比べると、フッ素イオンを導入していることによる浸透割合は、なんと4倍以上になります!

フッ素イオン導入の原理

フッ素自体は単体では存在できないため、常に他の元素とくっつくことによって存在しています。

 

バイオキュアーによってフッ化ナトリウムを電気分解することで、フッ素をイオン化させることが可能です。(F-)

 

バイオキュアーは、人体(歯)を一時的にプラス極性にさせ、マイナスのフッ素イオンを人体(歯)に取り込み安くします。

フッ素の効果とは?

フッ素の主な効果は3つあります。

① 『再石灰化の促進』 
エナメル質は溶けてしまいますが、そのエナメル質を再び結晶化する動きを促進する効果があります。

② 『歯質の強化』
こどもの歯や萌えたばかりの永久歯の表面のエナメル質は大人の歯と比べ結晶が弱いんです。
その結晶の中にフッ素を入れるため安定した結晶となり、酸に溶けにくい強い結晶になります。

③ 『むし歯菌を弱らせる』
歯垢(プラーク)が作られるのを抑制し、むし歯菌を弱らせます。むし歯菌が出す酸の量を抑えることによって、むし歯になりにくい歯になります。

萌えたての永久歯は大人の歯と異なり、表面に凹凸があるので、より多くのフッ素を取り込むことができ、効果的にフッ素を使う事が出来ます。

つまり、フッ素イオンは乳歯の時期や永久歯に萌えかわる時期が一番大きな効果を得られるということなのです。

さらに、イオン導入後でもすぐに飲食ができるので、いままで食事を我慢できなかったお子さまにも嬉しい方法です。

イオン導入 文献